害虫駆除はどうするべきか|危険な蜂を退治するスペシャリストとは誰でしょう

危険な蜂を退治するスペシャリストとは誰でしょう

害虫駆除はどうするべきか

白蟻

家の中が何かおかしい時は

シロアリの被害というのは、意外と気づきにくいものですが、被害に遭っていないかどうかを見つける手段ももちろんあります。まず羽アリが多く飛び立つようになったとか、柱を叩くと空洞音がする、敷居の部分が柔かくなったとか、廊下や畳がふわふわした感触になった時は、まずシロアリがいると考えて間違いないでしょう。その他床が少し下がるような感じになる、壁やタイルなどにひび割れがある、引き戸や障子、ふすまなどがよく閉まらなくなったという時も、シロアリの疑いがあります。その他、1982年以前に建築した家や、湿気が多いとか、カビが生えやすいといった場合も、シロアリが繁殖しやすい条件となります。土台の部分や床板を食い荒らすことが多いのですが、コンクリートも被害に遭うことがあります。

自分でできない時は業者へ

シロアリを自分で退治する時は、まず市販の防止剤を塗るようにしましょう。シロアリ予防だけでなく、木材の腐食も防止できるのが強みです。ただし、定期的に塗り直す必要があります。それから駆除剤や毒エサを利用する方法もあります。いずれの場合も、人体に有害でないかどうかを確認しておきましょう。最近では、天然成分由来の成分も多く配合されるようになっています。どうしても自分の手で退治できない場合は、専門業者に退治を依頼するようにしてください。専門業者はシロアリ退治のノウハウがありますので、安心して任せることができます。まず調査を行った後見積額を出し、その後工事が行われます。また業者によっては、一定期間内であれば、再施工分を負担してくれる業者もあります。