危険な蜂を退治するスペシャリストとは誰でしょう

見積もりは複数社で

ネズミ

予算内にねずみ駆除の料金を収めたい場合は、複数社の会社に見積もりを出してもらうようにしましょう。見積もりの内容で不明な点があれば、納得するまで尋ねることで満足ができる契約をすることができるようになります。

もっと読む

病原菌に気をつけて駆除

鼠

ネズミが住み着くと、キッチンには病原菌がばらまかれます。しかしネズミがよく通る場所に、ネズミの好む匂いを発する粘着シートを設置しておけば、捕獲によるネズミ駆除ができます。粘着シートは、ネズミの好物を片づけてから設置した方が効果的です。捕獲したネズミは、触れずに粘着シートごと処分する必要があります。

もっと読む

害虫駆除はどうするべきか

白蟻

最近羽アリが多くなったとか、畳がふわふわするといった時は、シロアリの被害の可能性があります。また湿気が多く風通しの悪い家も要注意です。自分で退治する時は予防剤や駆除剤、毒エサなどがありますが、効果が無い時は専門業者に依頼しましょう。業者によっては、一定期間なら工事費を負担してくれる所もあります。

もっと読む

刺されないためには

ハチ

見つけたら逃げよう

日本にはいくつかの種類の蜂が生息していますが、なかでも攻撃性が高く、強い毒性を持つ蜂はキイロスズメバチといわれる種類です。特にメスの攻撃性が高いので、見つけたら静かに逃げるようにしましょう。オスでもメスでも、刺されれば最悪の場合、命を落とす危険性があるので注意が必要です。蜂の対策としては、まず服装に注意しましょう。黒を避け、上下とも白い服装がおすすめです。ハチは黒に寄ってくる性質があるので、頭には白い帽子をかぶって頭を保護します。手足の保護も重要で半袖・半ズボンではなく、長袖・長ズボンを身につけるようにします。においに敏感で、においのもとに寄ってくる性質もあります。整髪料、香水、飲み物やお菓子のにおいなど、蜂が好むニオイをさせないようにしましょう。

巣の放置は危険

蜂の巣を発見したら、退治することが基本です。特にキイロスズメバチの巣は、女王蜂を中心に時間の経過とともに巣の規模が大きくなるので、できるだけ早く退治することが肝要です。放置すると日を追うごとに、蜂の巣が大きくなり、蜂の数も増えます。蜂は危険性が高いので、退治にはプロの力を借りることが大切です。素人が手を出すと非常に危ないのです。蜂の駆除を専門とするプロの業者がいますので、電話で依頼しましょう。市役所や保健所に連絡すると、自治体によっては無料で退治してくれる場合もあります。さらに業者への連絡方法が分からない時には、駆除業者を紹介してくれることもあります。もし、ハチに刺されたら、幹部を冷やして、すぐに医療機関で手当てを受けてください。